読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きたいように

NIKITAは発達障害。考えるための色んなことを書く。そんな感じ。

他人からの破壊のあと 2017/02/18 7:57-9:07

今聞いて驚きとともに思い出したことがある。

※かなり直接的で過激な内容になっているため、最初のほうで何の話題か見たら、それで読むのをやめたほうが良い人が多いと思われる。心当たりがある、該当する人は読まないことを強くすすめる。私は治療法として書いているので悪しからず。

 

驚いたのは現在のことについてのためあとから言おうかと思う。

 

書いたことなのか、書いたならどのくらいまで書いたかさえ思い出せない状態なので改めて書く(全く話題にしていないとは思えないのだけど)。

2014年1月末、私は性被害を受けた。何でも良いからうまいこと性交渉に持ち込もうとして失敗されたのである。

 

具体的に思い出し続けたりしているのではないが、私はいつからか、主に眠ろうとした時に、ずっと膣内に何かを挿入されたままのような違和感を覚えるようになっている。

実際には数回、キスと着衣のままの抱擁を強要されたまでだが、これでも十分、私は「破壊」された。

今、ただ、「自分がそういう被害を受けた事実」までを思い出すきっかけがあって、それでも震えと吐き気がおさまらない。

 

私は性交渉自体の経験はあるし、大学時代、ふざけて倒錯的なセックスもしていた。本当にお遊びの、いわゆるソフトSMに入るか入らないか、くらいのものだ。が、それで擬似的に、押さえつけられたり、縛り上げられくくりつけられたりして、口など塞がれて強引にことを進められたらどういう感触がするか、くらいは知っている。本気で嫌なことはされたりしていなかったし、私も何も我慢するようなことはなかった。本当に、もしSM愛好者が見たら張り倒されそうな軽い遊びだ。彼氏は私を尊重して丁寧にした。何か特別なことをする時に、私に意思を確認しないことがあるとすれば、それが嫌なことならやめさせたし、事前に言ってしまうと意味のなくなる悪ふざけ程度で、問題なんかなかった。

 

………そういう趣味、と言えるほどでもない。

 

ずっとしつこく挿入を続けられている感じがしてならない。気分が悪い。吐き気と別に、感触も変だし、あの日いくらやめてくださいと言っても聞き入れられなかったせいで「性的なことを強制的にされる」ことが、私には止められないことになってしまった。

そもそもが私に意思なんかあることを認められた経験自体ひどく少ない。そのためか、ことこの記憶で起きるこの現象、感覚に対して、やめてくれという言葉を自分のものとして思ったりすると、されることは酷くなる。

 

ほら。こうやって書き出して何とかしようとしているのが本当に気に食わないのだろう………。

 

耐えられないようなレベルのことはおさまって来た。

もう震えていないし、パニック状態でもない。

 

実際にされていないことは私が想像力で膨らませたことだと思うけれど、さて、自動的に瞬間的に膣内が満たされた感じがするのは「いつの間にかなくなる」ことの気がする。

相手にせずに済むならここまで。どうやっても強烈な感じがしてダメなら、少し考えがある。その時はまた更新するかも知れない。

 

今日驚いたのは「強姦罪」についての改正が今なされようとしている、ということを初めて知ったからだ。それも3年も前から審議されてるとか。

ウソだろうと思った。私はつい先日、自分の被害がどういう風になるか、刑罰などを調べたばかりなのだが、全くそういう記載を見ることはなかった。検索したらふざけた内容だった。どこが重罰だ。ほとんど何も変わっていない。非親告罪化、性別の撤廃。それと罪名が変わる。それだけ。

 

ふざけるな。